事実婚と同性婚のビザ

事実婚・同性婚が認められる条件とは?

 最近、同性婚が法的に認められる傾向が強くなってきております。

 それは事実婚についても同じことが言えます。フランスでは、法律婚よりも事実婚の方が多くなってきているとの統計もありますし、日本においても夫婦同姓を嫌って事実婚を選択する人が増えてきております。

 では、事実婚・同性婚について、外国人が日本のビザを取得することができるのかというと、かなり特殊な条件を満たした場合のみ可能です。但し、事例としては非常に少なく、主に首都圏の入国管理局で数十例ほど認められただけです。

 まず、前提として外国人同士の事実婚・同性婚でなければなりません。

 あくまで、その国の婚姻制度において、同性婚・事実婚が法的に認められており、また、一般的であることが条件です。

 また、まだ新しいケースということもあり、どの国であれば認められるといった基準は入国管理局の中でも決められてはおりません。

 現状では、あくまでケースバイケースで判断されています。

 また、日本人と外国人の間の事実婚・同性婚ではビザは取得できません。

 この理由としては、日本では事実婚・同性婚は法律で認められておらず、このケースで外国人にビザを付与してしまうと、法の抜け穴となってしまうことを防ぐためと思われます。

 あくまで、事実婚・同性婚がポピュラーな国から来た外国人に認められた特殊な事例と考えてください。

コメントは受け付けていません。